ブーケの豆知識

ブーケに纏わる豆知識を紹介いたします

ブーケ

今や結婚式で花嫁さんが必ず持つお花として
定着しているブーケ。

でも知っているようで意外と知らないことが多いものです。
そんなブーケの豆知識をここでは紹介します。

ブーケの種類

ひと言にブーケと言っても様々な種類があります。
特にウエディング用のブーケはドレスのデザインや体型にぴったりなものを選ぶことで、花嫁さんの美しさをさらにひきたててくれます。

ラウンドブーケ

ラウンドブーケ

比較的小さく、まるい形をしたブーケです。
シンプルな形をしているので、どのようなドレスにも合わせやすく、人気が高いスタイルです。選ぶ花によってイメージが変わるので、フォーマルでもカジュアルでも合わせることができます。

オーバルブーケ

オーバルブーケ

オーバルとは楕円形という意味です。
丸いラウンドブーケと滝の流れのようなキャスケードブーケの中間的な形のブーケです。優しさと豪華さを兼ね備えた格調高いデザインです。
あらゆるタイプのドレスに合い、特にプリンセスラインのドレスにぴったりのブーケです。

ティアドロップブーケ(エッグシェイプ)

ティアドロップブーケ

ティアドロップとは涙のしずくという意味です。
しずくを逆さまにしたようなデザインで、丸いラウンドブーケと滝の流れのようなキャスケードブーケの中間的な形状です。オーバルブーケよりもややシャープで小ぶりな形をしています。
シンプルなドレスや小柄な方にお似合いの可愛らしいブーケです。

キャスケードブーケ(シャワースタイル)

キャスケードブーケ(シャワースタイル)

キャスケードとは小さな滝という意味で、滝が落ちる様を花で描くので左右非対称的な形です。
。流れるラインが美しい逆三角形のラインを描きます。伝統的で華麗な美しさで、プリンセスラインやAライン、またトレーンを長くひくような伝統的なウエディングドレスと相性がよく、正統な教会での式にもぴったりなブーケです。

バック・ボールブーケ

バック・ボールブーケ

バッグ型やボール型のブーケは持ち手がついているのが特徴です。
手に持ったり腕に掛けることもでき、ユニークでキュートな印象のブーケです。
カジュアルな式場やドレスにはぴったりの可愛らしいブーケです。

ナチュラルステムブーケ(クラッチブーケ)

ナチュラルステムブーケ(クラッチブーケ)

花束風に花を組んだものです。
比較的安価に製作することができます。また、カラーのようなアームの長い花を束ねただけで持つ場合もあります。真夏など挙式の直前まで水につけておけるので、水揚げの弱いお花のブーケに向いています。

フリースタイルブーケ

日本の生花から派生したブーケです。
空間を生かしたラインブーケをいい、自由にアレンジできるので個性的な演出をしたい方に向いています。

メリアブーケ

メリアブーケ

花びらを1枚ずつ何枚も重ね合わて一輪の花として束ねたブーケです。
大輪の花は印象的で、気高さとゴージャスさを演出します。アレンジ次第で様々なドレスに合わせることができます。

ブーケに使う花

ブーケに使う花は一般的にはバラ・ユリなどの白い花が多いですが、最近では淡い色合いの花も人気があります。また見た目だけでなく、季節や花言葉からも花を選ぶ方もいらっしゃいます。

バラ 花言葉:愛情・純潔・尊敬

いつの時代も人気の高いバラはいつの時代もブライダルを彩ってきました。華やかさと品のある美しさでブーケに最も適しています。

ユリ 花言葉:純潔

高貴さと純潔さを併せ持つユリ聖母マリアの花「マドンナ・リリー」として人気が高く、教会式にぴったりです。豊かな香りで上品かつエレガントに花嫁を演出します。

ユーチャリス 花言葉:清らかな心

清楚さが人気のユーチャリスは、引きつけるというギリシャ語を語源の通り、周囲の人を引きつけるような美しさの花です。小さな王冠をつけたような愛くるしい花姿はオーソドックスなドレスによく似合います。

カラー 花言葉:清浄・壮大な美

白やピンク、黄色などの花で、長い柄をもつ葉が特徴の優雅な花です。シャープな形状からクラッチブーケなどによく使用されます。

すずらん 花言葉:純潔

白やピンク色の小さなつぼ型の花をたくさんつけ、春の爽やかさを感じさせます。その可愛いらしい姿からキュートさを演出したい花嫁様に人気です。

ダリア 花言葉:優雅・華麗

赤、ピンク、紫、青、黄や白といった花色や、花形が豊富で、他の花にはない選択肢の多さが特徴です。花言葉にある優雅さや華麗さ以外にも、ブーケに情熱的な印象を持たせることができます。

胡蝶蘭 花言葉:清純・幸せが飛んでくる

その名の通り蝶が舞っているかのような花形が上品さと高貴さと共にゴージャス感を演出します。花持ちがいいので本番~2次会と時間が空いても安心です。

ガーベラ 花言葉:希望

カラフルな色が気持ちを前向きにしてくれそうな人気の花です。キュートな花形が可愛らしく、明るく元気な花嫁様やかわいいドレスなどにぴったりです。

ジャスミン 花言葉:素直

カラフルな色が気持ちを前向きにしてくれそうな人気の花です。キュートな花形が可愛らしく、明るく元気な花嫁様やかわいいドレスなどにぴったりです。

菊 花言葉:高潔

今人気となっている和装の結婚式にぴったりな菊。ひと昔前まではやや古風な花というイメージが強かったのですが、ここ最近ではお洒落なイメージが定着してきて人気の花となっています。

芍薬 花言葉:清浄

古くから女性の美しさを形容する際に表現さされた芍薬。幾つもの花びらを重ね合わせた華麗な花姿で、菊と同様に和装の結婚式で人気が出ています。

ブーケの選び方

ここではブーケを選ぶ際に気をつけたいことや、心がけて欲しいことをアドバイスさせていただきます。

  • ご自分のお気に入りの花がある場合はそれをデザイナーに申し出ましょう。
    ドレス等の兼ね合いもありますが、好きな花は似合うものです。
  • 今は自由に白ドレスにもお式に好きな色合いでブーケをこしらえますが 教会・ホテルなど、重厚なところほど雰囲気があわないと嫌われることがあります。

ブーケ選びではこんな失敗談も

白ドレスと赤の色ドレスに両方にあわそうとデザイナーさんに相談して作ってもらた真っ赤バラだけのブーケ。
前撮りでカメラマン及び美容師さんからクレームがつき、結局ドレスに合わせて持ってきていただいていたアートで撮影をされたそうです。

確かに赤ドレスは手の甲のみが写っておりブーケはドレスと一体化されており、白ドレスにはきつすぎたそうです。

これはその後本番で各ドレスに合わせたブーケを作っていただけませんかとご注文を伺ったのですが、同じ経験を本番でブーケトス用のブーケを持っていき、お式の合間のほんのわずかの写真撮影の最中に白ドレスで真っ赤なブーケをカメラマンさんからクレームがつき、お式を延ばしヘッドの花から付け直してたまたま白ドレスに合わせてこしらえていた可憐なイメージのトス用のブーケで撮影となりました。

どちらも有名なデザイナーのブーケです。雑誌や広告に同じブーケで花嫁さんが表紙を飾られていますが、花嫁さんやドレスのイメージにもよるとは思いますが実際お式でもてないブーケがあるという実例があるのも事実です。

  • 花嫁さんによりヒールを履くのを嫌がる人もいますが、新郎と背をあわせて高いヒールを履くことになります。小柄な方がまた腰元から広がったドレスの方がカラーを束ねて持たれるのもあまりお勧めではありません。やはり小振りなカラーを短く持つほうが可愛いでしょう。
  • 最近は妊娠がわかって急いでお式を挙げられたり、お式まで時間があり子供が出来る場合が多いものです。5ヶ月目くらいからはうっすらとお腹周りが目だって来ます。ブーケをこしらえてもらうときはお腹をカバーした少し横幅を出したデザインにしてもらうことにより写真撮影のとき斜め後ろ姿などお腹がカバーできます。 
  • レストランで結婚式をあげられる方も多いのですが、会場が大変狭く、衣装選びも異なりますし、ブーケも大きなものでなく会場を歩きやすい小振りにしましょう。ブーケのほかにアームブーケとかドレスの肩からショルダーコサージュのようなものもお薦めです。
  • ブーケをドレスのアクセサリーと考え、自分を引き立てるものと捕らえましょう。ブーケが100万単位でいるわけではありません。自分のドレスや体型やイメージにあった花で自分だけのブーケをこしらえてもらいましょう。

プリザーブドフラワーについて

植物が一番美しく咲いている時に摘み、一旦溶液に漬け込んで花に含まれる樹液(花独自の色など)を取り除いてから乾かし、それを人体に無害な保存液である有機物と色素のプリザーブド液に浸し、水分と置き換えて色をつけます。

植物により数時間から数日と、液を吸わせる時間は異なります。
グリセリン成分が含まれ、やわらかさがいつまでも残るのでフレッシュと見間違えるほど自然に仕上がります。
ーも、テレビなどの側に置くと静電気により大変ほこりを吸収しやすくなります。また、キッチンなど水気の多い場所や、直射日光の当たる部屋も色が褪色してしまいますのでできるだけ避けましょう。

長所

  • 寿命が長く、保存状態がよければ10年以上もちます
  • 染料によって自然にはない色合いの花を創り出すことができます

短所

  • 高温多湿は嫌います。中の色素等が落ちてくる場合があります
  • 直射日光など紫外線により花の色が褪色することがあります
  • 布や紙など長時間一緒においておくと染色に用いた染料が布などに移ることがあります
  • エアコンなどの直接風に弱く、乾燥しすぎると花びらにひび割れがおこります
  • 加工しているぶん、比較的高価になります

Preserve…英語で「保存する」の意味

シルクフラワーやプリザーブドの特徴

ポイント1

前撮りなど同じドレスでブーケを2度持ちたい、または海外挙式で自分だけのオリジナルのブーケを持ちたい、とお考えの方にお勧めです。また、海外挙式の後で日本で披露宴を行なうという方にも最適です。

ポイント2

フレッシュでは欲しい色合がない場合がありますが、シルクフラワーやプリザーブドなら微妙な色合いがあり、ドレスにあったブーケを選ぶことが出来ます。

ポイント3

フレッシュのブーケを押し花などにされるように、挙式後、ブーケをケースに入れてリビングに飾られる方もいらっしゃいます。インテリのひとつとしていかがでしょうか。

ポイント4

お色直しなどのさいフレッシュのパーツをヘッドにたくさんつけることは時間的に不可能ですし
分量が多い場合 重くなりすぎ髪形が変る恐れがあります。またみずもちしない花材も向きません。
フレッシュに近いシルクフラワーなどでブーケやドレスにあわせ前もって組んでおくとよいでしょう。

ポイント5

プリザーブドもシルクフラワーも、テレビなどの側に置くと静電気により大変ほこりを吸収しやすくなります。また、キッチンなど水気の多い場所や、直射日光の当たる部屋も色が褪色してしまいますのでできるだけ避けましょう。

このページの先頭へ

最新情報や日々の作品など公開中 Blog marion